アルバート・ニコラス (クラリネット)

Albert Nicholas (Clarinet)

アルバート・ニコラス

1900年5月27日ルイジアナ州ニューオリンズ生まれ。
1973年9月3日スイスのバーゼルにて死去。

出身は中産階級のクレオールであった。
ロレンツォ・ティオにクラリネットを習い、キング・オリヴァーやキッド・オリーらと演奏を行った。
自分のバンドを持ったこともあるが、1924年シカゴにいたキング・オリヴァーに呼ばれた。
その後上海、インド、エジプトなどを巡っていたが28年にニューヨークに戻りルイ・ラッセルの楽団に5年間在団している間にも様々な吹込みに参加した。
ニコラスが残した優れたソロはルイ・ラッセルや晩年のジェリー・ロール・モートンの録音の中に聴くことができる。
41年からしばらく引退していたが45年にカムバックし、オリーのバンドに加わった。
53年フランスに渡りそこに落ち着いた。69年10月ロンドンで行われたジャズ・エキスポに出演した。
69〜70年にかけて一時帰国してニューオリンズやシカゴを巡演した。

レコード・CD

「黄金時代のルイ・アームストロング 1925-1932」CD-4、5
「ジャズ・クラシックス・オブ・ジェリー・ロール・モートン」“Jazz classics of Jelly-Roll Morton” RCA RA-9〜12 国内編集盤4枚組LP