ベニー・グッドマン (クラリネット、バンド・リーダー)

Benny Goodman (Clarinet & Band leader)

ベニー・グッドマン
本名:ベンジャミン・ディヴィッド・グッドマン Benjamin David Goodman
1909年5月30日イリノイ州シカゴ生まれ。
1986年6月13日ニュー・ヨークのマンハッタンアパートにて心筋梗塞にて死去。

30年代から約半世紀スイング王(King of swing)の名を欲しいままにする。最も成功したジャズマンともいわれる。
スイング時代はベニー・グッドマンと共に始まったといわれる。人種差別が激しい時代に初めて白人バンド・リーダーが黒人を雇った人物として称賛される反面バンド内での差別は厳しかった、演奏よりも自分の名声が大事な人物として描かれるなどなど昨今では名声と共に裏面も暴かれるようになったが、ジャズ史上の重要人物であることには変わりはない。
僕はスイングも聴いて楽しいので好きなのだが、よくニュー・オリンズ・スタイル・ジャズ〜スイングという流れで言われるこの変換期がよく分からないのである。この辺りを勉強するにはまずベニー・グッドマンから取り組んでみようと思うのだ。
縫製職人の家の九男として、シカゴに生まれる。貧しいロシア系ユダヤ移民の家庭に育ち、教育は「ハル・ハウス」という福祉施設で受けた。無料で音楽が学べる地元の音楽教室にて、10歳の頃からシカゴ音楽大学の元教師・フランツシェップの下でクラリネットを習得し11歳(一説では12歳)のときにデビューする。16歳の時当時一流のダンス・バンドだったベン・ポラックにその才能を見出され26〜28年の間彼のバンドで仕事をした。
その後フリーとなり不況時代にあっても数多くのレコーディングやラジオ、映画音楽などの仕事をしていた。一方29年〜31年にかけてはレッド・ニコルスのバンドでも働いた。33年にジョン・ハモンドの企画によりグッドマン・オーケストラの名前でレコーディング、ベッシ―・スミスのラスト・レコーディングやビリー・ホリディの初吹き込みにも参加した。
34年には不定期ではあるものの自身のオーケストラを結成、12月からはNBCのラジオ番組に出演し、黒人バンド・リーダーであるフレッチャー・ヘンダーソンの編曲を用いて全米を沸かせる人気を得た。
35年にはオーケストラとは別にテディ・ウィルソン、ジーン・クルーパを加えたトリオを結成、37年にはライオネル・ハンプトンを加えたカルテットとなり、スイング時代の王座に君臨した。
38年1月16日クラシックの殿堂ニュー・ヨークのカーネギー・ホールで開いた初めてのジャズ・コンサートは、ジャズ史上最も重要なコンサートである。
39年秋からはチャーリー・クリスチャンを加えたセクステットで名演を残しているがスイング時代のスターをフューチャーしたこれらのセッションはジャズ史上最も魅力的なものの一つとして今日なお愛聴されている。
40年代後半にはバップに傾倒し、モダンな吹込みも行っている。57年、64年に来日している。60年代後半はステージに立つことは少なくなり70年代には単身渡英し現地編成の楽団と共演コンサートを開き好評であったと伝えられる。