バニー・ベリガン (トランペット)

Bunny Berigan (Trumpet)

バニー・ベリガン フルネーム:ローランド・バーナード・ベリガン Roland Bernard Berigan
1908年11月2日ウィスコンシン州ヒルベルト生まれ。
1942年6月2日ニューヨークにて死去。

初めはヴァイオリンを弾いていた。次いでトランペットに持ち替えたが、27年ごろまでは両方の楽器を演奏していたという。
ローカル・バンドを渡り歩き、ニューヨークとウィスコンシンとを往復していたが1930年春ハル・ケンプの楽団に加わって渡欧を果たす。
35年7月〜9月までベニー・グッドマン楽団のレギュラー・トランぺッターとなった。
その前後にいろいろなグループで吹込みを残しているが、中でもトミー・ドーシー楽団に加わってのものが有名だという。
37年春から自己のフル・バンドを率いるようになったが、40年の春解散。
40年3月から8月までは再度トミー・ドーシーのバンドに加わったが長続きせず、
何度かコンボやフル・バンドを結成したり解散したりしていた。
最も著名な録音は「言い出しかねて」(I can’t get started)。
油井正一氏は「スイング時代最高のトランぺッター」と言っている。
粟村政昭氏は「スイング時代最高の白人トランぺッター」と表現している。」

レコード・CD

「Midred Bailey her greatest performances」Columbia JC3L-22
「コンプリート・ベニー・グッドマン/Benny Goodman The RCA years」BVCJ-7030
「30年代のスイング・セッション」(RA-5325)収録のジーン・ギフォードの楽団
「ビリー・ホリディ/ビリー・ホリディ物語」 CBS SONY SOPH 61
「バニー・ベリガン・アンド・ヒズ・ボーイズ/テイク・イット・バニー!」(Epic SICP 4012)日本盤CD
「バニー・ベリガン 1937−38」“Bunny Berigan and his orchestra 1937-38”(日本ビクター RJL-3137)
『ジャズ栄光の巨人たち15 バニー・ベリガン』RCA RMP-5115
“Bunny Berigan / The complete Bunny Berigan Vol.V”(Bluebird 9953-1)