クロード・ジョーンズ (トロンボーン)

Claude Jones (Trombone)

クロード・ジョーンズ

1901年2月11日オクラホマ州ボレイ生まれ。
1962年1月17日死去。

13歳でトロンボーンを初め、1922年に退学するまでウィルバーフォース・カレッジで学んだ。
23〜29年コットン・ピッカーズに参加、30〜34年にかけてはフレッチャー・ヘンダーソン、
チック・ウェップ楽団で演奏、34年アレックス・ヒル、36〜39年キャブ・キャロウェイと仕事をした。
40年にはゴールデン・ゲイト・ボールルームにコールマン・ホーキンスと出演、
44〜49年はデューク・エリントンの楽団でヴァルヴ・トロンボーンを吹いていた。
50年に短期間ヘンダーソン楽団に戻ったが、51年9月から6か月間エリントン楽団に再加入した後52年音楽界から引退したという。

レコード・CD

「RCAジャズ栄光の遺産シリーズ 第9巻 ザ・ビッグ・バンド・イーラ」第3巻“マッキニーズ・コットン・ピッカーズ” 
レコード・CD/Don Redman 1931−1932 The Chronogical
「チック・ウェッブ/伝説」“Chick Webb:A legend”(SDL 10344)
“Chick Webb and his Orchestra / featuring Ella Fitzgerald 1936”Jazz anthology JA 5199(輸入盤)
“Cab Calloway & his Orchestra/Penguin swing” Archives of jazz 3801082
“Cab 〜 Ella & Chick” Bandstand records 7125