ダニー・バーカー (ギター&バンジョー)

Danny Barker (Guitar & Banjo)

ダニー・バーカー

フルネーム:ダニエル・モーゼズ・バーカー Daniel Moses Barker
1909年1月13日ニューオリンズ生まれ。
1994年3月13日死去。

初めクラリネット、ドラムのレッスンを受けたこともあったがやがてバンジョーとギターに転向した。
20年代後半リー・コリンズとツアーにで、30年の初めニューヨークに移った。
多くのバンドに足跡を残しているが、中では39年〜46年春まで在籍したキャブ・キャロウェイ楽団での仕事が最も長かった。
他にはアルバート・ニコラスやラッキー・ミリンダなどともしばしば共演した。
夫人のブルー・ルウ・バーカー(Blue Lu Barker)の伴奏バンドを作ったこともあった。
50年代の終わりからはフリー・ランスで仕事をしていたという。

レコード・CD

「キャブ・キャロウェイ/ペンギン・スウイング」
「キャブ・キャロウェイ/ブーグ・イット」
「ライオネル・ハンプトン/オール・スター・セッション」(RCA RA-90〜95レコード)