ディジー・ガレスピー (トランペット)

Dizzy Gillespie (Trumpet)

ディジー・ガレスピー

本名:ジョン・バークス・ガレスピー John Birks Gillespie
1917年10月21日サウスカロライナ州チェロウ生まれ。
1993年1月6日すい臓がんのため死去。

アルト・サックス奏者のチャーリー・パーカーと共に、モダン・ジャズの原型となるスタイル「ビ・バップ」を築いた功労者の一人としてジャズの歴史上の重要人物の一人。ジャズにいち早くラテン・ビートを取り入れた演奏スタイルの広げたアーティストとしても知られる。
ベルが上に突き出たトランペットを、頬をいっぱいにふくらませ、高らかなトーンで豪快かつテクニカルに演奏するスタイルは人気を博した。
父親はレンガ職人だったが、定職のある中流家庭であった。そしてアマチュア・ミュージシャンでもあった父親の影響で音楽に親しんだという。父親は家族の中から一流のミュージシャンが出ることを楽しみにしていたといわれるが、14歳からトロンボーンを演奏するようになる頃にはすでにこの世を去っていた。
ディジーは腕が短すぎるという理由で9か月でトロンボーンを断念し、トランペットに転じた。
音楽院で和声と音楽理論を学んだことが作曲の才能の開花につながったといわれる。そしてそのまま真直ぐにジャズ・ミュージシャンへの道を突き進んでいった。
1935年一家がフィラデルフィアに転居した後、18歳の頃からローカル・バンドでプロの演奏家として活動するようになる。若き日のガレスピーのアイドルが、ロイ・エルドリッジ(Roy Eldridge 1911年-1989年)であることはつとに有名だ。ガレスピーは30年代の半ば、ニューヨークのサヴォイ・ボールルームから中継されてくるテディ・ヒル楽団の演奏を聴き、三番を吹いていたロイのプレイに強く惹かれたという。
37年初めにニューヨークに出て、ロイとチュー・ベリーがフレッチャー・ヘンダーソン楽団に去った後のテディ・ヒル楽団に加わった。この時ヒルはガレスピーに2番トランペットの座を与え、やがてアル・キリアンとジョー・ガイが入団してくると、ディジーの椅子を1番に移した。
1937年にはそのエルドリッジの後任者(実際にはエルドリッジ⇒フランキー・ニュートン⇒ガレスピー)としてテディ・ヒルのバンドに入団したが、既存のスタイルに飽き足りないガレスピーは変わった演奏の試みを繰り返し、また奇矯な振る舞いが目立ったことから“Dizzy”という生涯の仇名が付いたことは有名である。
しかしこれらのことは同僚とは度々いさかいを起こしたが、それでもリーダーのヒルはディジーの才能だけは認めていて、37年のヴィクターのセッションでは“King porter swing”と“Blue rhythm fantasy”の2曲で彼に初めてソロを取るという機会を提供した。ここに聴かれるガレスピーのプレイは、もちろん当時のアイドルであったロイ・エルドリッジの影響を忠実に反映したものだったが、後年の大成ゆえに今もこれらの演奏を珍重しているコレクターは多いという。
その後、1939年にはエンターテイナーとして知られるキャブ・キャロウェイ(Cab Calloway 1907年-1994年)のバンドに参加したが、ここでもリーダーのキャブと喧嘩を起こしたあげくキャブに怪我を負わせる刃傷沙汰となって1941年に退団した。しかしキャロウェイ楽団在籍時の後半には既にバップ的変貌を見せていたという。
テディ・ヒル楽団での同僚であるドラマーのケニー・クラーク(Kenny Clarke 1914年-1985年)は、やはり従来にない前衛的なスタイルの演奏法を研究しており、ガレスピーとも意気投合した。彼らは従来のスイング・ジャズをビッグ・バンドのサイドメンとして限られた枠内の表現で演奏することに満足していなかった。
ガレスピーは1940年頃から、余暇のジャムセッションにおいてケニー・クラークやギタリストのチャーリー・クリスチャン(Charlie Christian 1916年-1942年)、ピアニストのセロニアス・モンクらと共に、リズムを重視し、より自由なアドリブを追求した新しいスタイルのジャズを探求するようになる。これこそがモダン・ジャズの礎となるビバップの萌芽であった。彼らのたまり場であったニューヨークのクラブ「ミントンズ・プレイハウス」における1941年のジャムセッションの私家録音(『ミントンズ・ハウスのチャーリー・クリスチャン』というタイトルでレコード化されている)は、その黎明期における貴重な記録である。
42年にはレス・ハイトの楽団に加入、更に天才的なサックス奏者のチャーリー・パーカーとも知り合って、当時全盛期のスイングスタイルよりも格段に進んだアバンギャルドなジャズを開拓していった。二人は1943年にはピアニストのアール・ハインズ(Earl Hines 1905年-1983年)のビッグ・バンドで活動するかたわら音楽的研鑽を続けた。この時期アメリカはAFMによる録音ストライキの時期であり、ハインズ楽団の録音が全く行われなかったことはジャズ史上の痛恨事であった。
1944年にハインズ楽団の実力派美声歌手であるビリー・エクスタイン(Billy Eckstine 1914年-1993年)が独立してビッグ・バンドを立ち上げると、ガレスピーをはじめとする若手の前衛派ミュージシャンが大挙参加し、ここにモダン・ジャズが形を為したのであった。
そして1945年からガレスピーは盛んなソロ活動を開始し、パーカーと共にジャズシーンの中心に躍り出た。ガレスピーとパーカーによる1945年のいわゆる「ミュージクラフト・セッション」における録音は、モダン・ジャズ初期の歴史的演奏として後世まで評価されている。
また彼は、ビッグ・バンドを志向するミュージシャンでもあり、1946年以降何度もビッグ・バンドを組織。中でも1947年から1950年まで存続した第2次ビッグ・バンドには、編曲者ウォルター・ギル・フラーやコンガ奏者のチャノ・ポソを迎え、ラテン(アフロ・キューバン)のリズムをビバップに取り入れたラテン・ジャズ(アフロ・キューバン・ジャズ)を勃興させた。また新人を抜擢して、数多くデビューさせる達人として知られる。彼のビッグ・バンドからは、後年大成する優れたミュージシャンが多数輩出され、トランペッターだったクインシー・ジョーンズやピアニストのラロ・シフリンなどが、彼のオーケストラやコンボから巣立っていき、この事がきっかけの一つとなりモダン・ジャズの発展にも大きく寄与することになった。
作曲家としては1940年代以来「チュニジアの夜」「ビバップ」「ブルー・ン・ブギー」「ソルト・ピーナッツ」「マンテカ」「ウディン・ユー」「アンソロポロジー」など、膨大な数のナンバーを作曲し、これらは後世まで演奏されるジャズ・スタンダード曲となった。1942年に作曲された「チュニジアの夜」はビバップのイコンとも言うべき曲になり、1945年作曲の「ビバップ」は音楽ジャンル名のビバップの語源となったとも言われている。
60年代はジェームス・ムーディをメンバーに加えたクインテットを結成し、聞き応えのあるコンボ演奏活動を続けた。 トランペットの演奏スタイルは、ハイ・ノートで堂々と歌い上げるアームストロング、エルドリッジの流れをくむ正統派で、抜群のテクニックを持っていた。これのプレイはその後のマイルス、ナヴァロ、クリフォード・ブラウンなどバップ、モダン期のトランぺッターの目標となった。
彼はステージ上では、茶目っ気を発揮しユーモアのトークで観客の笑いを取るような行動をとったことが、マイルスなどから客に媚びていると批判されることもあった。しかしもともとは新人類とよばれ、喧嘩っ早く若い頃にはしばしば刃傷沙汰を起こしたこともあった暴れん坊であったり、人種差別運動の闘士でもあり、アメリカ大統領選挙に名乗りをあげるなど政治活動を行った。洒落たファッション、ヤギひげなどはヒップなファッションとして音楽以外でも若者に大いに影響を与えた。ディジーの「ヒップ」さがいかに強烈であったかは、彼が身に付けた黒縁眼鏡や帽子などが「バップ眼鏡」「バップ帽」とまで言われたことからも推察できる。
一方、仕事に対する態度はきわめて真剣で、遅刻や無断欠勤の多かったチャーリー・パーカーとしばしば衝突した。後進の指導にも厳格で、生涯にわたって親分肌の性格を貫いた。私生活では敬虔なバハーイー教徒で、生涯節制に努めていた。

レコード・CD

“ Dizzy Gillespie Vintage series”Victor VRA-5011(日本盤)
<RCAジャズ栄光の遺産シリーズ10>「ザ・ビッグ・バンド・イーラ《第2集》RCA RA-54〜59