エディ・ベアフィールド (サックス、クラリネット&編曲) 

Eddie Barefield (Saxes , Clarinet & Arrangement)

エディ・ベアフィールド

1909年12月12日アイオワ州スカンディア生まれ。
1991年1月4日ニューヨークにて死去。

10歳でピアノ、次いでアルト・サっクスを学び、諸処の群小バンドで演奏した後、1932年ベニー・モーテン楽団の一員としてニューヨークに出た。
ベンー・モーテン楽団の1932年の録音に名前が見える。
33年モーテン楽団を辞め36年まではキャブ・キャロウェイ楽団に在籍した。
38年にフレッチャー・ヘンダーソン、ドン・レッドマン、39年再びキャロウェイ楽団と転じ、42〜46年までは、ABCのスタジオ・ミュージシャンとして過ごしていた。
47年、デューク・エリントン、ウィルバー・ド・パリスのバンドに足跡を残している。
50年代には主にキャロウェイ楽団の音楽監督に任じられていた。

レコード

「RCAジャズ栄光の遺産シリーズ 第9巻 ザ・ビッグ・バンド・イーラ」第9巻“ベニー・モーテン”
“A study in frustration” Essential Jazz Classics
「Classic jazz archive / Fletcher Henderson 1897-1952」Membran 221998-306 (CD2枚組)