ジョージ・ハント (トロンボーン) 

George Hunt (Trombone)

写真見当たらず

1906年頃の生まれ。
1946年シカゴにて自殺したという。

32年〜ベニー・モーテン楽団で演奏をしていた。
36年カウント・ベイシーの楽団でカンサス・シティのリノ・クラブで演奏、ベイシーの楽団とともにニューヨークに上った。
ベイシーのバンドを辞した翌年フレッチャー・ヘンダーソンのバンドに加わったが38年に退団、シカゴに戻ったという。その後アール・ハンズとも共演した記録があるという。

レコード・CD

”Hall of fame / Lester Young”Hall of fame 220149
「黄金時代のカウント・ベイシー」MCA VIM-5501〜4
「カウント・ベイシー・アット・サヴォイ・ボールルーム」ELEC KV-109
“A study in frustration” Essential Jazz Classics
「Classic jazz archive / Fletcher Henderson 1897-1952」Membran 221998-306 (CD2枚組)