ジョージ・ウェットリング (ドラムス)

George Wettling (Drums)

ジョージ・ウェットリング

1907年11月28日カンサス州トピーカ生まれ。
1968年6月6日ニューヨークにて死去。

21年にシカゴに出てベイビー・ドッズの影響を受け、24年にプロとして活動を始めた若きシカゴアンの一人。
ジャック・チャップマンなどと演奏した後36年ニュー・ヨークに移りアーティー・ショウの最初のバンドに加わった。その後バニー・ベリガン、レッド・ノーヴォ、ポール・ホワイトマン、マグシー・スパニアなどの有名バンドで活躍した。
43〜45年には、ABC放送に定期的に出演していた。
53年には自己のバンドを率い、54年ジミー・マクパートランド、56〜59年はエディ・コンドン楽団でプレイした。
59年にはフリーとなり、バド・フリーマンなどと共演した。
晩年はニューヨークのクラブにトリオを率いて出演するほかクラレンス・ハッチンライダー楽団でプレイした。
前衛画家としても知られているという。
1929年10月18日の録音の「シカゴアンズ」(Decca SDL-10361)収録のエルマー・ショーベル・フライアーズにその名がみえる。

レコード・CD

『ジャズ栄光の巨人たち15 バニー・ベリガン』RCA RMP-5115
“Mildred Bailey/Her greatest performances 1929−46”Columbia JC3L-22
“Eddie Condon/That's a serious thing” History 20.3008-HI
「栄光のコンドン・ジャズ」Mainstream Records XM-34-MSD
「コモドア・ショウ・ケース」London records GSW 3007〜8
「RCAジャズ栄光の遺産シリーズ11/ザ・サウンド・オブ・スイング」RCA RA-63