ハリー・カーネィ (サックス)

Harry Carney (sax)

ハリー・カーネィ

1910年4月1日マサチューセッツ州ボストン生まれ。
1974年10月8日死去。

1925年にプロとしてデビューし、ボビー・ソウヤーやウォルター・ジョンソンらとともに演奏した。その頃ボストンを訪れたデューク・エリントンに認められ、27年にエリントン楽団に参加、最後までエリントン楽団のアンカー・マンとして活躍した。
非常に艶のある豊かなトーンはエリントン楽団の至宝となっており、低音部をがっしり支えている。ジェリー・マリガンが出現するまではバリトン部門の不動の一意であった。70年代になってもしばしばマリガンを抑え1位となっている。バリトン・ソロのパイオニアであり、数多くの名演を残しているほか、バス・クラリネットのパイオニアとしても知られている。
1974年エリントンが亡くなった時、「今日はわが人生最悪の日だ。デュークがいなくては自分の人生は生きている甲斐がない」と言っており、後を追うように4か月後に亡くなった。

デューク・エリントンの諸作
「ザ・テディ・ウィルソン」 CBS SONY SONP 50332-33
「ビリー・ホリディ/ビリー・ホリディ物語」 CBS SONY SOPH 61/63
「ベニー・グッドマン/カーネギー・ホール・ジャズ・コンサート」“Benny Goodman/Carnegie hall jazz concert”CBSソニー SOPB 55007〜08
「ライオネル・ハンプトン/オール・スター・セッション」(RCA RA-90〜95レコード)