ヘンリー・レッド・アレン (トランペット&ヴォーカル) 

Henry “Red” Allen (Trumpet & Vocal)

ヘンリー・レッド・アレン

フルネーム:ヘンリー・ジェイムス・”レッド”・アレン Henry James "Red" Allen
1908年1月7日ニューオリンズ生まれ。
1967年4月17日ニューヨークにて死去。

先ず粟村師の彼の表を紹介しよう。
ヘンリー・レッド・アレンがジャズ・トランペット史上の重要人物であることは僕(粟村師)も認めるのだが、正直言って僕アレンという人のプレイをあまり高く買っていなかった。それというのも、時としてサッチモに似すぎる感のある彼のプレイが、前後の脈絡にかけたフレージング、調子に乗った時の何とも言えない軽佻浮薄ぶりと相俟って、鋭いアタック、奔放なスイング感、隔絶したヴァイタリティといった並々ならぬ長所を少しバ回上回って聴こえてからである。
ベーレント氏も言う如く、アレンは同時代の他のプレイヤーに比してスタッカートよりもレガートを多く用いた。しかしそれによって彼のプレイは確かに流麗の度を加えたたが、同時にコンストラクションの面で問題が多かった彼のソロが一層「タレナガシ」の感を強めたこともまた否めまい。

父親はニューオリンズの有名なブラス・バンドのリーダーで、幼児より父親のバンドに入って演奏していたという。
『ジャズ人名事典』によれば、
27年4月セントルイスでキング・オリヴァーのバンドに入り、間もなくニューヨーク入りした。28〜29年にかけてフェイト・マラブルのリヴァ―ボート・バンドに加わって演奏していたが、自己名義のレコーディングを行うためニューヨークに戻ったとあるが、
粟村政昭師『ジャズ・レコード・ブック』によれば、
1929年21歳の時ニューヨークに出たキング・オリヴァーとともにレコーディングを行った。その一部は「オリヴァー・イン・ニューヨーク」(Victor VRA-5016 のたり庵未聴)の中に収められているが、若々しいアレンのプレイが当時すでに老境に入っていたオリヴァーのそれを凌駕している感さえあるという。
29年夏から31年にかけて、キング・オリヴァーのバンドを引き継いだルイ・ラッセルのバンドに加入32年暮れまでプレイした。当時ルイ・ラッセルのバンドはベスト・バンドに一つであり、その看板スターとして、エネルギッシュで戦闘的なプレイによって文字通りリード・オフ・マンの名に恥じない快演を記録した。
その後チャーリー・ジョンソン、フレッチャー・ヘンダーソン、ミルス・ブルーリズムで演奏する一方数多くのレコーディングにも参加した。
37年3月から40年9月まではルイ・アームストロングの傘下で霞んでいたが(『ジャズ人名事典』)、以後ニューヨーク、シカゴ、ボストンを中心に幅広い演奏活動を続けた。

レコード

"Fletcher Henderson/A study in frustration "CD2
「Classic jazz archive / Fletcher Henderson 1897-1952」Membran 221998-306 (CD2枚組)
「ビリー・ホリディ物語」(CBS SOPH 63)
「ライオネル・ハンプトン/オール・スター・セッション」(RCA RA-90〜95レコード)