ホーギー・カーマイケル (ピアノ&作曲)

Hoagy Carmichael (Piano&Composer)

ホーギー・カーマイケル 本名:ホーグランド・ハワード・カーマイケル Hoagland Howard Carmichael
1899年11月11日(11月22日という記載あり)インディアナ州ブルーミントン生まれ。
1981年12月27日カリフォルニアで心不全のため死去。

電気技師の父とピアニストの母の子として生まれる。6歳のときよりピアノと歌を始める。中学・高校とあまり裕福でない生活を送り、オートバイのチェーン工場や食肉工場で働くこともあった。
18歳のときピアノで稼ぎ始めたという。インディアナ大学に入学後もピアノで学費を稼ぎ1925年卒業する。学生生活のかたわら、ビックス・バイダーベックのバンドで演奏し、ビックスの即興演奏およびクラシック音楽の感覚を学ぶ。ビックスの紹介で、ルイ・アームストロングに会う。このころより、作曲を始めている。1924年に「リバーボード・シャッフル」(Riverboat Shuffle)を作曲し、レコード録音がされる。1926年、マイアミ州で弁護士の仕事につき、インディアナ州に戻っても続けるが、1927年に弁護士業務をやめて音楽業界での活躍に専念する。
1927年、ジャズのスタンダード・ナンバーで知られる「スターダスト」を作曲する。インディアナ州リッチモンドの Gennett 社より、作曲者カーマイケルのピアノ演奏でレコード録音されたものがヒットする。この曲には、ミッチェル・パリッシュによって歌詞がつけられる。この曲は、全世界中に知られ、日本でも広く聴かれ第11回NHK紅白歌合戦(1960年度)の歌唱曲にもなりザ・ピーナッツらにカヴァーされている。
1930年、「我が心のジョージア」を作曲。この曲もヒットして、レイ・チャールズのカヴァーで後々まで世界中の聴衆に知られるようになる。
1931年に、米国作曲家作詞家出版者協会に加盟する。多くの曲を作曲し、また演奏もして人気を集め、スウィング・ジャズの全盛期に一斉を風靡する。
1937年から、ピアニスト役その他で映画に出演している。1942年に「スカイラーク」(Skylark)を作曲する。1952年に、映画『花嫁来たる』の曲「冷たき宵に」(In the Cool, Cool, Cool of the Evening)で、アカデミー歌曲賞を受賞する。
1953年に、アメリカのテレビ番組『サタデー・ナイト・レヴュー』(Saturday Night Review)の司会者に抜擢されたが、しばらくして辞めている。1959年から1963年にかけてアメリカのテレビ局NBCで放映され、日本でも放映された『ララミー牧場』にも出演した。
1960年にレイ・チャールズがふたたびヒットさせた「我が心のジョージア」が注目されるものの、作曲者のカーマイケルはレコード業界と折り合いが悪くなったが、作曲活動は続けられている。1962年公開の映画『ハタリ』の主題曲を作曲するも自分であるはずの音楽担当責任者をヘンリー・マンシーニに代えられることもあった。
61年と64年に来日、ホテルで来日時『シャボン玉ホリデー』のラストで小さな2人の女の子(ザ・ピーナッツ)が歌う「スターダスト」を聴いて感激し、楽屋に訪ねて行ったという有名な逸話が残る。
1971年に、ソングライターズ・ホール・オブ・フェイム(Songwriters Hall of Fame)に殿堂入りを果たす。