ジェリー・ブレイク (クラリネット&サックス)

Jerry Blake (Clarinet & Saxes)

写真見当たらず

1908年1月23日インディアナ州ゲイリーの生まれ。
1961年12月31日死去。

インディアナで生まれたがナッシュヴィルで育った。
リードを吹く前はヴァイオリンを演奏していたという。
1924年サーカスのバンドに加わり各地を回っている内にシカゴに落ち着くようになり、そこでアル・ウィンのバンドに加わった。
1928〜29年にはサム・ウッディングのバンドのメンバーとしてヨーロッパ巡業にも加わった。
30年代はチック・ウエッブ、ドン・レッドマン、クロード・ホプキンス、フレッチャーヘンダーソンなどのバンドでプレイし、38〜42年はキャブ・キャロウェイのバンドに加わりそこでは音楽監督の座を務めていた。
40年代初期にはカウント・ベイシー、アール・ハインズ、ライオネル・ハンプトンなどのバンドでも演奏を行ったが43年神経衰弱を患い後生はプレイを行うことが出来なくなっていたという。

レコード・CD

”Mildred Bailey/Her greatest performances”Columbia JC3L-22
「ザ・テディ・ウィルソン」 CBS SONY SONP 50332-33