ジェリー・ジェローム (テナー・サックス) 

Jerry Jerome (Tenor sax)

ジェリー・ジェローム 1912年6月19日ニューヨーク・ブルックリン生まれ。
2001年11月17日死去。

ニュージャージーのプレインフィールドのハイスクール時代にサックスの演奏を始めた。医学部に進み在学中も大学のバンドでプレイを続けていた。
学費稼ぎのためハリー・レザのクリッククウォート・クラブ・エスキモウズで働いたが、その後二度と大学には戻らなかった。
36〜37年はグレン・ミラー、37年はレッド・ノーヴォ、38〜40年はベニー・グッドマン、40〜41年はアーティー・ショウ楽団で活躍した。
40〜48年はアポロ・レコードのA&R主任を務め、50年以降ニューヨークのWPIX-TVの音楽主任とし活躍した。

レコード・CD

「ベニー・グッドマン/新たなる宝庫」“The protean Mr.Goodman”(CSM891)
「コンプリート・ベニー・グッドマン」(BMGヴィクター BVCJ-7030〜41)
“Mildred Bailey/Her greatest performances 1929−46”Columbia JC3L-22