ケグ・ジョンソン  (トロンボーン)

Keg Johnson (Trombone)

写真見当たらず 1908年11月19日テキサス州ダラス生まれ。
1967年11月8日シカゴにて死去。

父親は聖歌隊の監督であったという。彼と弟のバド・ジョンソンは父親の指導の下で歌と楽器の演奏を始めた。
兄弟でダラスのローカル・バンドでプレイし始め、1930年まで続けていたがケグはルイ・アームストロングとプレイをするためにシカゴに向かった。
その後1933年ニューヨークに進出、フレッチャー・ヘンダーソン、ベニー・カーターで演奏する傍らコットン・クラブに出演すつ時はキャブ・キャロウェイのバンドにも加わった。結局ケグはキャロウェイのバンドには15年の長きにわたって在籍することになる。
一時ロスアンゼルスに居を移したこともあったが、50年代にニューヨークに戻った。
1961年レイ・チャールスのバンドに参加、このバンドに在籍中の67年シカゴで亡くなった。

レコード・CD
Chu Berry”1937-1940”
Louis Armstrong”The chronogical 1933”
「Classic jazz archive / Fletcher Henderson 1897-1952」Membran 221998-306 (CD2枚組)