モーリス・パーティル (ドラムス)

Maurice Purtill (Drums)

モーリス・パーティル

1916年5月4日ニュー・ヨーク州ロング・アイランド、ハンティントン生まれ。
1994年3月9日ニュー・ジャージー州リッジウッドにて死去。

ローカル・バンドで演奏していたが、1936年からレッド・ノーヴォの楽団のドラマーに採用され、38年まで在籍した。
1938年1月からトミー・ドーシー楽団に移った。
さらに1939〜42年はグレン・ミラーの楽団に入り名声を高めた。
特にアップ・テンポのジャンプ・ナンバーで優れた技量を発揮した。
またショウ・マンとしても秀でていたという。
ミラーが軍隊に入るためにバンドを解団後はケイ・カイザー楽団に加わった。
海軍での兵役後の46年テックス・ベネキーが率いるグレン・ミラー楽団に参加した。
その後はニューヨークでスタジオ・ミュージシャンとして活躍した。

トミー・ドーシー楽団の1938年の録音に名前が見える。

レコード・CD

「オリジナル・トミー・ドーシー・ベスト・セレクション」RCA-9007-08
「ジャズ・ヒストリカル・レコーディング・シリーズ/トミー・ドーシー 1935 to 1939」日本コロンビア HR-125-JK