ミルドレッド・ベイリー (ヴォーカル)

Mildred Bailey (Vocal)

ミルドレッド・ベイリー

1907年2月27日ワシントン州テコアの生まれ。
1951年12月12日死去。

「スイングの女王」、「ロッキング・チェア・レディ」、「ミセス・スイング」と呼ばれる。
1929年ポール・ホワイトマン楽団の専属歌手としてキャリアをスタートさせた。その後ヴァイブラフォン奏者のレッド・ノーヴォと結婚、そのグループで歌っていた。当時の彼女は白人ジャズ・ヴォーカリストとして最高の人気を誇り、CBSラジオでは自分のショウ番組を持っていたほどであった。
大きな体に似合わずやさしい甘い声の持ち主で、特にブルースやバラードでは情感豊かな味わいを持っていたという。
彼女のことも少しずつ書き足して行こうと思う。

レコード・CD

“Mildred Bailey/Her greatest performances 1929−46”Columbia JC3L-22