レックス・スチュワート (コルネット&トランペット)

Rex Stewart (Cornet & trumpet)

レックス・スチュワート 1907年2月22日ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。
1967年9月7日ロス・アンゼルスで死去。

20年代初めにプロ生活に入り、25年エルマー・スノーデン楽団でプレイし、26年から33年初めまでのほとんどをルイ・アームストロングの後釜として迎えられたフレッチャー・ヘンダーソン楽団に在団した。しかし一時的には、ホレス・ヘンダーソン楽団やマッキニーズ・コットン・ピッカーズでもプレイしたこともあった。
34年12月から45年まではエリントン楽団で活躍。その後50年代後半はヘンダーソンのリュニオン・バンドを組織したり、エディ・コンドンのクラブで活動したりしていた。
60年代にもジャズ・フェスティヴァルなどにしばしば出演していた。 ルイ・アームストロングの影響下にあったが、独特の効果をもたらすハーフ・ヴァルヴ奏法を得意とし、強烈な個性を生み出した。

レコード・CD

"Fletcher Henderson /A Study in frustration" CD-2
"Duke Ellington 1934-36" History
「ライオネル・ハンプトン/オール・スター・セッション」(RCA RA-90〜95レコード)