ラッセル・プロコープ (アルト・サックス&クラリネット)

Russell Procope

ラッセル・プロコープ

1908年8月11日ニューヨーク市生まれ。
1981年1月21日死去。生没不詳。

20年代中期からいくつかのローカル・バンドで働いていたが、28年夏にジェリー・ロール・モートン、29年ベニー・カーター、29〜31年チック・ウェップ、31年春〜37年フレッチャー・ヘンダーソンのバンドで活動を行った。
34〜35年はタイニー・ブラッドショウ、36〜37年はテディ・ヒルやウィリー・ブライアントというように、有名ビッグ・バンドで経験を積んだ。
38年5月から兵役に就く43年末まではピート・ブラウンに替わってジョン・カービーの6重奏団に参加した。
除隊後カービーの楽団に復帰したが、46年4月からはずっとデューク・エリントンの楽団で活躍した。
エリントン自身彼のことを「すすり泣くようなプレイは素晴らしくまた頼れるミュージシャンだった」と評価している。

レコード

"Fletcher Henderson/A study in frustration "CD2
「Classic jazz archive / Fletcher Henderson 1897-1952」Membran 221998-306 (CD2枚組)
“ Dizzy Gillespie Vintage series”Victor VRA-5011(日本盤)
<RCAジャズ栄光の遺産シリーズ10>「ザ・ビッグ・バンド・イーラ《第2集》RCA RA-54〜59
「MCAジャズの歴史」 MCA records VIM-19(John Kirby)
「ライオネル・ハンプトン/オール・スター・セッション」(RCA RA-90〜95レコード)