シドニー・カトレット (ドラムス)

Sidney Catlett (Drums)

Sidney Catlett 1910年1月17日インディアナ州エヴァンスヴィルの生まれ。
1951年3月24日(25日という記載あり)シカゴにて死去。

仇名は“Big sid”。
初めピアノを学んだが家族とともにシカゴに移住しドラムを正式に学んだ。1928年シカゴのバンドでキャリアをスタートさせたが、30年にニューヨークに進出、ベニー・カーター、フレッチャー・ヘンダーソンのバンドなどで活躍した。
その後ルイ・アームストロングなどのバンドに参加、41年には短期間ではあったがベニー・グッドマンのバンドに加わり華々しいスポットライトを浴びた。
44年にはテディ・ウィルソンと共演、一時自己のコンボも持ったが47年〜49年までは再びルイ・アームストロングと行動を共にした。
そのドラミングはどちらかと言えばトラディショナルで中間派的なものだが、モダン・エイジへの橋渡し的な存在で、彼の奏法を基にケニー・クラークがモダン・ドラミングの基礎を築き上げたと言われるジャズ史上に輝く名ドラマーの一人。

レコード・CD
ルイ・アームストロング/The Chronogical 1932-33
「シカゴ・スタイル・ジャズ」Columbia ZL 10291
「ザ・テディ・ウィルソン」 CBS SONY SONP 50332-33