ズッティ・シングルトン (ドラムス)

Zutty Singleton (Drums)

1898年5月14日ルイジアナ州バンキー生まれ。
1975年7月14日ニューヨークにて死去。

少年時代ニューオリンズで多くのジャズメンの演奏を聴いて育ち、1915年プロのドラマーとしてスティーヴ・ルイスのバンドでプロとしてデビューし、次々とジャズのパイオニアたちと共演することを得、腕を磨いていった。
1925年シカゴに赴きジミー・ヌーンらと共演、27年にはキャロル・ディッカーソン楽団でルイ・アームストロングやアール・ハインズと共演した。
1929年ニューヨークに出てアームストロングの楽団に加入、30年代は再びキャロル・ディッカーソン、ロイ・エルドリッジ、メズ・メズロウなど多くのスモール・コンボに参加したほかシドニー・ベシエを含むコンボを結成したりした。 41年カリフォルニアに移住、ここでも多数のスモール・コンボで演奏。
50年代の初めにはメズロウらと渡欧、帰米後は一時ウィルバー・ド・パリス楽団に入った他、ニューヨークの各クラブなどで演奏していた。
ベイビー・ドッズと並ぶ偉大なトラディショナル・ドラーマーとして名声を確立している。

レコード・CD

「ルイ・アームストロング傑作集」第3集B
“Archive of Jazz/Jack Teagarden・Pee Wee Russell”BYG 529 066
「パナシェ・セッション」(Victor VRS-5015)
「ジャズ・クラシックス・オブ・ジェリー・ロール・モートン」“Jazz classics of Jelly-Roll Morton” RCA RA-9〜12 国内編集盤4枚組LP